このページの本文へ ここからメインメニュー
ここから本文です

データの利用方法

  • データの利用方法
データのダウンロードの仕方や、データの利用方法について、Word文書を使った手順を解説します。

ダウンロード方法

使用したい素材のダウンロードボタンを押します。
ログインしていない場合は、モーダル画面がでるので、「ログイン」します。
(アカウントを持っていない場合は「MyRicoh登録」を押して、登録画面に進んでください)
ダウンロード方法 画面1
ダウンロード方法 画面2

ログイン後、自動で素材ページに遷移します。データ形式ごとにダウンロードボタンがありますので、使いたいデータのボタンをクリックします。


EMF :拡張メタファイル。Windows®標準形式のWMFの改良版で、Officeソフトウェアで利用します。

EPS :印刷用のファイル。業界標準形式で、専用のグラフィックソフトが必要です。

PNG :透明度をサポートする画像で、Webやプリント用途に利用されるデータです。

ダウンロード方法 画面3
任意の場所(デスクトップやハードディスクドライブなど)を指定します。
ダウンロード方法 画面2
指定したフォルダの中に保存されます。

Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを使う方法

Wordの文書を開きます。
メニューバーの[挿入]タブから[画像]を選択します。
Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを利用する 画面1
保存先から、拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを選んで[挿入]ボタンを押します。
Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを利用する 画面2
画像ファイルが挿入されたら、画像の右上にでるアイコン [レイアウトオプション] をクリックして、文字列の折り返しを [背景] にします。
ラジオボタンの[ページ上の位置を固定] を選択します。
Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを利用する 画面3
画像の大きさは〇印をクリック&ドロップして変更します。画像全体を、好きな位置に動かします。
Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを利用する 画面4
画像が背景にある状態なので、文字が通常通りに入力できます。
Wordで拡張メタファイル (EMF) 形式のクリップアートを利用する 画面5
拡張メタファイル (EMF) 形式のデータは、モニタ上では荒く見えることもありますが、劣化の少ない線画のデータですので、きれいにプリントができます。
拡大・縮小を行っても、画像の質にほとんど影響がありません。

公開:

更新: